施設紹介


ウッドデッキの中庭


入居者同士の交流の場多くのサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)は、アパートタイプのため、入居者はイベントがなければともすれば自室にこもりがちとなります。そのためルミエールしかまつでは1 階の食堂横にオープンデッキを設け、自然な形で交流が図れるような仕掛けをしています。また、各室に往来自由なベランダを設け「ご近所さん同士」として、雑談を楽しめる構造になっています。

外観(西側から)


京都の建築士橋本尚之先生(アトリエ栖風一級建築士事務所)に設計をお願いしました。
和モダンの趣意に溢れています。オレンジのポイントは神社仏閣の朱色を意識したものだと思います。悟りの窓と惑いの窓が仕組まれていますので、お探しいただければ幸いです。